現場ブログ

投稿日:

津市久居にて破風と庇の研磨作業と塗装作業の様子

 

こんにちは!株式会社 塗替え本舗です。

津市久居にある住宅にて付帯部分の

■破風塗装 ■庇塗装を施工いたしました。

本日はそちらの塗装作業の様子をご紹介させていただきます!

 

今回のお家は先に建てられた母屋と約20年後に増築された建物がございます。

これまでに施工した塗装内容や作業の様子をご紹介したブログもございますので

よろしければご覧ください( ˘ω˘ )⇩

◎建物の現状を無料点検調査した際の様子◎

◎住宅足場工事と高圧洗浄作業の様子◎

◎コーキング打ち換え工事と増し打ち工事の様子◎

◎屋根塗装と軒天塗装の様子◎

◎掻き落とし外壁塗装と一部補修の様子◎

◎トタン外壁塗装とサイディング外壁塗装の様子◎

 

 《 破風塗装 》 

破風の研磨作業

[1]初めに下地の状態を整える研磨作業を行っていきます。

破風には紙ヤスリをを使って研磨作業を行いました。

錆や劣化した旧塗膜を除去することも目的としており

この作業を行うことで塗料の密着性が高まります。

 

破風の中塗り塗装

[2]次に上塗り1回目の塗装を施していきます。

ここで使用した塗料はアステックペイント・マックスシールドです!

カラーはブラウン系の塗料を使用し塗装を施しました!

破風の上塗り塗装

[3]最後に上塗り2回目の塗装を施していきます。

ここで使用する塗料は上塗り1回目で使用した塗料と同じ物になります。

同じ塗料を2工程で二度塗りすることで塗膜が強化し

仕上がり時の色ムラや艶ムラを防ぎます。

また各工程の塗装完了毎に塗料の規定時間、乾燥時間を設けます。

塗料をしっかりと乾燥させてあげることで塗膜が形成されますので

塗布して終わりではなく、乾燥時間も含め各工程が完了となります!

 

 《 庇塗装 》 

庇の研磨作業

[1]研磨作業にて下地調整を行います。

下地の状態などによって紙ヤスリや研磨ロンという研磨材にて

研磨作業を行っていきます。

・左画像➜紙ヤスリ ・右画像➜研磨ロン 使用。

 

庇の錆止め塗装

[2]次に錆び止め塗料を全面に塗布します。

錆が発生する鉄製の素材には下塗り材に錆び止め塗料を使用します。

 

庇の中塗り塗装

[3]次に中塗り塗装を行います。

こちらで使用した塗料は破風同様に

アステックペイント・マックスシールドです!

カラーも破風同様にブラウン系のカラーにて塗装を施しました。

 

庇の上塗り塗装

[4]最後に上塗り塗装を施し庇塗装の完了です!

破風塗装でご紹介通り、各工程にて塗装完了後

塗料の規定時間乾燥時間を設け塗料が十分乾いたことが確認でき次第

次の塗装工程に入っています(^^)/

以上が津市久居で施工した破風塗装と庇塗装の様子でした。

最後までご覧いただきありがとうございました🎵

 

■株式会社 塗替え本舗■

弊社は松阪市を拠点に三重県全域からのご依頼を承っております!

また小規模工事~大規模工事・リフォームまで大歓迎です!!

気になる点やお悩みの点などございましたらお気軽お問い合わせ下さい🎵

お問い合わせ・建物点検・お見積りまで無料となっております🌟

 

お電話でのお問い合わせ     (8時~19時まで)

☎0120-1616-53 (フリーダイヤル)

メールでのお問い合わせ     (24時間OK!!)

✉メールでのお問い合わせはこちら✉

 

三重県松阪市の屋根塗装・外壁塗装は株式会社 塗替え本舗
〒515-0027 三重県松阪市朝田町16番地SIビル
フリーダイヤル:0120-1616-53
電話:0598-31-1003
FAX:0598-31-1550

この記事を書いた人

カテゴリー 現場ブログ

関連記事

多気町で中古物件ご購入後のお客様から塗装のお問い合わせ

多気町で中古物件ご購入後のお客様から塗装…

  こんにちは!株式会社 塗替え本舗です! 多気郡多気町にあるお家の建物点検調査へお伺いさ …

三重県松阪市スレート屋根の塗装をロックペイントの1液型シリコンで

三重県松阪市スレート屋根の塗装をロックペ…

こんにちは!光成塗装です。 松阪市川井町の現場にきました。 まず初めにシーリング打ち換え工事の様子か …

松阪市二階建て住宅の軒天をホワイトからブラックカラーに塗り替えしました!

松阪市二階建て住宅の軒天をホワイトからブ…

  こんにちは!株式会社 塗替え本舗です。 松阪市二階建て住宅で \軒天塗り替え/ \コー …